物語の終わりのためにⅥ

麻賀多神社の祭神は、稚産霊(わくむすび)。和久産巣日とも書く。 養蚕と五穀の神だ。 応神天皇20年に印旛国造の夢に稚産霊神があらわれ、日本武尊が埋めた七つの玉を祀らせたのが創建だという。 古事記では、稚産霊はカグツチを出産して瀕死となったイザナミが最後に生じさせた神。 カグツチ出産とい…

続きを読むread more